みみにっき

mimiが書く日記です。

山下達郎 PERFORMANCE 2013 - 2日目 8月30日 宇都宮市文化会館レポート

f:id:kinkyvans:20130905010419j:plain

いよいよ始まりました山下達郎 PERFORMANCE 2013。

さて、今日はツアー5日目の福島公演でしたっけ。
私はツアー2日目の宇都宮公演に行くことができたので、遅ればせながら感想を。もちろん、ネタバレばかりの話なのでどうかお気をつけて。「続きを読む」でたたんだので、そのへんご理解いただきつつ読んでくださいネ。

 

 

この達郎さんの写真は、先日ネットで拾ったんだけど、ライブ行った人ならきっとニヤリとできる1枚。こんな写真あったんだね。開演直前に雷雨に見舞われた宇都宮での公演は、やっぱりとても素敵な一夜でした。
(以下、終盤までフルでネタバレなのでお気をつけを)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

さて個人的にびっくりしたのは、この先日書いたエントリーで歌詞を引用したり動画載せた曲のうち、悲しみのJODY以外を全部演奏したという偶然のいたずらが!!
いやータイムリーすぎて驚いた…。

しかも、順番もスプリンクラーの次に「(スプリンクラーをはじめとして)情けない男の歌が多い僕ですが、そんな僕の曲の中で最も情けない曲やります」でペイパー・ドールやってくれて。

私が書いた先日のエントリーはまさに『そんな情けない、しんどい歌を敢えて歌う達郎さんのセンスが好きだー!』っていう趣旨だったので、自分のフォーカスしてた曲にドンピシャすぎて、前半から感激しまくって死にそうにw

基本的には、5月の大阪フェスティバルホールでやってた曲に追加でレア曲が混じってくる構成でマニアはかなりウハウハでしたね。初見の人はどう思ったかなー?えぇっ僕らの夏の夢やらないのとかドーナツソングやらないのとか思うのかな?このことは達郎さんもちょっと心配していた。「これは戸田とか宇都宮だからいいけど、旭川でどう思われるかはわかんないなぁ〜!!」みたいなふうに言ってましたが、達郎マニアはどんだけ奥地行っても達郎マニアなんで大丈夫なのではないかと思ったwでも、初見の人は“予習しておくのがベストとは思いました。やっぱり、ちょっとでも知ってる曲のほうが楽しいし。

やっぱり、ドリーミング・デイはなかなかやらないよねえ。すごい好きな曲たちなんだけど削られててちょっと残念。5月の大阪フェスで聴けてよかったけど、このツアーではやらないのかなー。でもワガママ言っちゃダメだね…。

とにかく、演奏された曲は8/27にリリースされたリマスター盤の「Melodies」と「Season's Greetings」からの曲が多かったので、これを聴きこんでおくととっても良いことがあるでしょうと思った。まる。

それと今回のステージは、公園をテーマにした舞台美術でとってもかわいかった!

ぽかんと空いてるステージ中央の空間は、なんでこんなに何も無いんだろ?って思ってたけど、個人的に待望だったあの曲(Melodiesのボートラの、あれ!)で、その何も無い空にすごく大きな満月があがった時はかなり感動でした。
あの曲で大きな満月あがるのはすごくハマって美しい!!それがまたとても映える造りだったので、あの空間にも納得&満足でした。

本編最後は恐竜の植木に注目ですw後半にまさかの仕掛けが披露されるという。「それ出すのん今か〜!」みたいな。
そしてアンコール1曲目。演奏終盤のブレイクで必ず行われる、お約束の照明点灯も今回はかなりダイナミックでキュート!
ねてより、噂では「今回はいろいろカワイイらしい!」と聞いていましたが本当にかわいかった。


あと、今回のツアーグッズもほんとカワイイ!
私は、パンフとピンバッヂとフローティングボールペンとタツローくんタンバリンとTシャツと…つまり、だいたい欲しいですね。幸いなことに別の公演のチケットも取れているので、ツアー前半はあんまり無理して並ばないようにしてみた。中盤ぐらいになったら空くし…。というわけでまだ何も買ってません。

しかも今「Melodies」と「Season's Greetings」は両方達郎さんのサイン色紙が付いてるらしい。かなりの枚数あって終演後もギリギリ買えたようなので、これは2枚も3枚も買えってことですかwwデュフフwwww って感じだった。

そんなこんなで、18:30開演で21:40チョイ過ぎに終了。
21:50にタクシーを配車しておいて、ダッシュで宇都宮まで帰ってなんとか終電に間に合い、渋谷に着いたらもう24時40分とか。宇都宮はほんと遠かった…。

とりあえず、夏の終わりに1曲目が「東京ラプソディー」聴けるというのは幸せなことだったので、早くに見ておいて良かった。これから秋になって冬になる間に、今回のすべてのセットリストがどう聴こえ方が変わるかが、とっても楽しみ。
現場からは以上でーす!