みみにっき

mimiが書く日記です。

1月の歌舞伎

http://instagram.com/p/xvwikqmS6T/

 

昨日は、84歳の旦那さんおばあちゃんと新橋演舞場へ歌舞伎を観にゆきました。
お正月に旦那さんの実家に行った際、「海老蔵さんって本当にどうしようもない人だけど、歌舞伎の時は本当にかっこいいw」という話でおばあちゃまと盛り上がり、チケットを取ったという次第。

いやほんとかっこよかった〜。分かってる、わかってるんですよ海老蔵がかっこいいのは。再確認的な。内容はネオ石川五右衛門的なやつでどうなることかと思ったけど、割と納得できる内容で良かったです。

チケット以外はお着物と履き物も貸してもらい着せてもらい、髪も結ってもらい本べっこうのかんざしも借りるという負んぶに抱っこスタイルでした…(汗)一緒にいきたいから、着物の着方覚えないとだよね。送り迎えもしたいから免許も取らなきゃだよね。

写真は履き物を出している合間の一枚。mina perhonen pieceで買った巾着バッグがいい感じ。ピンクの着物は仕立てたけど着ていなかったというなんと新品の着物でした。

蔵前にお家があって、宝飾物や勲章を作る職人の奥さんだったという江戸っ子のおばあちゃん。以前、彼女が子どもの頃、隣の家に空襲の爆弾が落ちて間一髪で命拾いしたという話を聞いたのを思い出しましたた。55歳差の私の拙い話も合わせて聞いてくれて、一緒に楽しんでくれて嬉しかった。そして、こうして戦前から続く芸能をおばあちゃんと見ることができるのは、戦争の時と今が地続きである証拠であり、この平和な街と世の中に感謝だなぁとしみじみ思いました。 この平和がずっと続きますように。